あれはちょうど7年前、息子は2歳5カ月、希望に燃えてABAセラピーを始めたが…〜自閉症子育てマンガ「かにママのABA療育日記」006

「かにママABA療育日記」第6作です。

「かにママのABAセラピー」006というタイトルのマンガの1ページ目
「かにママのABAセラピー」006というタイトルのマンガの2ページ目

ここに描かれているのは7年前、「つみきの会」に入って、テキストの「つみきブック」を基に家庭療育を始めたばかりの頃のエピソードです。

 息子が1歳の頃、妻は「この子は私のことを好きじゃないのかも」と何度も何度も言っていて、そのたびにぼくは「そんなふうには見えないよ」「気のせいじゃないの」と答えていました。

 妻はそういう違和感を1歳半検診の際に保健師さんに伝え、その保健師さんの勧めで2歳1カ月の時に保健所に行って診断名が付きました。

 この時初めて、「妻が言っていたのは、障害の特性ゆえだったのか」と悟りました。

 「気のせいでは」などと言って受け流したことを思い出し、妻に申し訳ないという気持ちにもなりました。

 このマンガの1ページ目に「いつかママと呼んでくれるかもしれない!」というセリフがあります。

 息子は今や「ママ!ママ!」とうるさいぐらいに呼んできます。特に、自分の要求を通したい時と注目してほしい時には。

 9歳にもなって、ママにベタベタと甘えてきます。

 息子は1〜2歳の頃はもちろん、就学前にもママに甘えるという感じはありませんでしたので、こうした感情も遅れてやってきたのでしょう。

 ものすごく遅かったですが、着実に成長はしています。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
自閉症児育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です