久々に激しく息子の心をつかんだプレゼント

息子はモノに対する執着が薄くて、食べ物以外にモノをねだられたことがほとんどありません。

 「電車に乗ってお出掛けしたい!」「市民プールに行きたい!」といった体験型の消費に関する要求がほとんどで、物欲はないようにみえます。自閉症児の特性なのかどうかは分かりませんが。

 ですので、息子に何かを買い与える際には、「こういうモノなら気に入ってくれるのではないか」と彼の嗜好を「忖度」した上で、当てずっぽうで選びます。

 もちろん、外れることも多々あります。

 これまでの最大のヒットは、年長組の秋に買ったストライダー(子ども向けランニングバイク)でした。今も車のトランクに常備してあります。

 そして先日、ストライダーを超えるかもしれない逸品を購入しました。

 これです。

ホームセンターで購入した道路工事現場グッズ
写真=「マイコーン」を手に入れ、ご満悦の息子=2020年9月、新潟県新発田市

 道路工事の現場に置いてあるやつです。

 プラスチック製の赤い三角錐状の物体は「コーン」と呼ばれているものです。

 二つのコーンをつなぐ阪神タイガースのようなデザインの棒の名称は分かりません。
 「コーンバー」とでも呼ぶのでしょうか。だとしたら、アイスクリームの商品名みたいです。

 今思えば、このコーンは息子にとって、「自動ドア」「シャッター」と並び、2〜3才の頃から大好きだった「三種の神器」みたいなものでした。

 自動ドアを自宅に設置するとなると相当な出費が必要です。以前から妻と「宝くじが当たったら自動ドアを取り付けよう」と言い合っています。
 そのためにも、宝くじを買うという生活習慣を導入しなきゃいけません。

 シャッターは自宅の車庫に付いているので、いつでも遊ぶことはできるのですが、開閉すると結構大きな音が出るため、そうそういつも自由にさせるわけにはいきません。

 「三種の神器」の中ではコーンが一番お手軽なのですが、そもそもコーンを買うという発想がありませんでした。

 しかしある日、息子と2人で買い物に行ったホームセンターに売っていました。すごいなコメリ、何でもあるんだね。

 その場で「コーン、買う?」と聞いても反応が薄かったのですが、翌日以降、息子はママに「コーン買いたい!」「ママとトトと3人でコーン買いに行く!」とずーっと繰り返していたそうです。

 数日後、3人でホームセンターに買いに行った時のはしゃぎぶりはすごかったです。
 健常児をディズニーランドに連れて行くと、こんなテンションになるのかもしれません。

赤いコーンに描かれた息子の似顔絵
写真=自宅の門の前に置いたコーン似顔絵と名前が書いてあるため、かなり目立ちます=2020年9月、新潟県新発田市

 購入したコーンとバーは息子のものですので、妻が早速、マジックで名前を書き、息子の顔のイラストを描きました。

 子どもの名前とイラスト入りのコーンはそうないと思います。

 家の門の脇に置き、息子と一緒に眺めていると、同級生の女の子が通り掛かりました。

よく道路に置いてあるやつだよね。なんでここにあるの?

これ、●●(息子の名前)が好きなんだよねー。さっき買ってきた

こんなの売ってるの?

売ってるんだわ、これが。ぼくもビックリした

 翌朝には、お隣のおばあちゃんが話し掛けてきました。

おはようございます。これは、どうしたのですか? ●●(息子の名前)ちゃんの名前も書いてありますねぇ

●●が工事現場のコーンをえらく気に入っているので、買ってきたんですよ

でも、こういうのは、どこに売っているのですか?

コメリ(近所のホームセンター)です

へぇ〜〜〜〜〜〜〜

 反応は上々です。家の前が小学校の通学路にもなっているので、息子の知名度アップにも役立ちそうです。

 工事現場をみると、夜間に通行する人に存在を知らせるため、電飾が付いているコーンも見受けられます。

 クリスマスが近くなったら、そんなデコレーションを施すのもいいかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
自閉症児育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です